肝臓を守る6つの健康習慣

どのように肝臓を保護するのか?肝臓を守るためには、以下の6つの健康習慣を維することがいいです。

1.正常な体重を維持する

体が重すぎると、肝臓の働きが大変なので、脂肪肝を患う確率も上がります。理想的なダイエットはバランスの食事と規律運動をすることです。

2.便秘解消も肝臓には大切なこと

肝臓の健康のために、見落としがちなのが便秘です。
腸に便がたまるとアンモニアが発生しますが、このアンモニアを分解するのも肝臓ですので、便秘になると肝臓への負担が大きくなります。
肝臓の機能が低下していると処理しきれないアンモニアが脳にまわると、肝性脳症を起こすことがありますので、便秘にならないように注意が必要です。

3.バランス食事

不均衡の食事は肝臓の負担を増やします。肝臓はこのような責任を持っています。食べ物をエネルギー元に変えることができます。肝臓にとって、炭水化物をエネルギーに変えるのがもっと大変なのです。

4.睡眠によって肝臓の免疫力が高まる

肝臓を休めるためには寝ることが一番です。年ているときはエネルギーをほとんど消費せず、肝臓の代謝活動も少ないため、肝臓の免疫力が高まると言われています。

また寝ている時に分泌される最長ホルモンはダメージを受けた肝臓を修復してくれます。できれば7〜8時間睡眠時間をとるようにし、忙しくて睡眠時間がとれない人でも休憩時間に少し横になるだけでも肝臓を休めることができます。

規則正しい生活を心がけ、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。

5.肝臓を守るには禁酒が王道

肝臓を壊しやすい人は症状や数値によって少量はOKですが、基本は禁酒です。

肝臓にとてアルコールの分解は負担ですので、症状の悪化の原因になります。

大量のアルコールを摂取し続けると肝細胞が破壊されたり、肝臓に脂肪がたまることでアルコール性肝障害や脂肪肝になりやすくなります。

6.むやみに薬を使用しない

飲む薬は肝臓で解毒されなければならないです。医薬品の処方を除けば、自分で他の薬を服用することは避けましょう。多様な薬を服用することで、薬物の相互作用を発生させ、肝臓の代謝に影響を与えます。