愛の肝臓誓いはわからない

Pは,いつも小さい輪に溺れ、また良い愛情も靑苔.には

外の世界にたくさんの優秀な男の子、ことは、この二人の間にの世界に打算的?

p 1

1

1

吕冬冬が歩いてから寮の食堂への道で、この道は基本的に歩く人が多くにもなった道のようなので、キャンパス環境検査担当の同誌になりやすい見落としたそれは、そこここに安全、昼間に、それはクラスメイトたちは食堂に行く便利の道、夜は、カップルになった出会いの良い場所.

でもまさかの、ここが売る古本から来なくても敲锣.锣声は基本的にはよんしよ/よんしよリズムに行うかーんかーんかーんかーん、歩いて通って、かーんかーんかーんかーん、お見逃しなく……

本屋、厚い本のヒープの層、吕冬冬歩いてみました.電機専門の教科書以外、基本的にPC誌が.吕冬冬これらまるっきり興味がない.拍手で彼女は立ち上がった.

あなたは第1位の客で、どうやら何も買います.縁起が良い、縁起でもない.」向こうの2人の男子学生を尽くして媚態引き留め彼らの顧客と、二人とも歯をむき出している人を怖がるな微笑、いけ図図しい気持ちが悪くて、人の様子.吕冬冬見なかった彼らが、彼女はその男を発見して後ろの画夾、この売りですか?

売って売る!男の子は自分の画板を見て、5元.

吕冬冬彼にご元のお金を持っていった、あの古い画板.

絵が描けない吕冬冬

実は、この画夾が買って、本当に彼女の枚の板破速い承られない彼女は45キロの体重は、彼女はそれを使ってものを敷き屋.

寝室に帰る吕冬冬展開その画夾、ちょうどさえぎった画夾平落ちくぼんでの枚の板を見て、彼女は画夾に名前,林北は、鉛筆字、彼女を探してきてブロックゴムそれをそっと拭いた.

P2 はあの男二人に出会って、彼らの本が売れなかっ敲锣はいくらで、しかし敲出ロックな感じが来た.この声が通行人からも過去瞅瞅、彼らも竜の水を得たるが如し.はい、卒業は良くて、どんな通報批判や、记过処分はね、心配もない、自由は彼らの.吕冬冬たい.

すると彼らも見分けた吕冬冬、おい、善良な……クラスメート、あなたは何を買うことができますか?

吕冬冬は笑って、まさかあなた達の午前中でのみ販売1匹の画夾?

ああ、そうですね.」

林という北の男の子は吕冬冬ようにしましょう、私達はすべての書物をあなたにすれば、あなたは私たちにご飯を食べるといいんだけど、あなたはきっとよく保存しそれら——などが1日,肝臓、私はもうあなたのことを思い出した管!

私はまた気が狂っていません!」吕冬>

結肝臓婚に頼らない演技でスイス

夕方6時多い、妻は電話すると、道路が混んでいて、どのように帰ってくることを知りません?私が見た窓の外を見て、大風がまじっているような雨が降り.しばらくためらって、自転車で彼女を迎えに行くことにしました.

に妻会社の道が悪いです、雨の日が跋渉.まず1つのトンネルを経て、そこになると,肝臓、案の定、水たまりのひざ、多くの車もそこに後へも先へも遣らぬ.こぼれたトンネルは、1段の上りは、やはり台車に行く;引き続いて一人で車に行の繁華区間だけでなく、大雨の中で歩けない自動車、自転車も才能を縫ってゆっくり進む……

費の大きな力が、ついに女房を家に迎えた家.妻と第1件の事は送れて、微手紙は、早く来たく時賛.妻の同僚、闺蜜たちこの時がつかえ風雨の中に,一人のいっそホテルまで開房、帰るつもりはありません.彼女たちは私だけにこの「快挙と、他の夫に違いない雨の中を自転車で迎えに行く.向かい風.

人なければフラッシュ時、妻の闺蜜たちが嫁が上手で、平日はネットで干し別荘、干し豪車、日に焼けた海外旅行……私は幸いにも提供してたまに奥さんに少し另類に品がなければ、妻は本当によく考えという問題:結婚当初はどうしてこんな一人で?

数年前宣伝片制作に従事して、1部の短編数万円はすることができて、数十万もすることができて、区別は何ですか?その一つの重要な違いは撮影量のサイズです.15分の1部の映画、3時間の材料は切っても切って、30時間も行.もちろん内容が多く、抽出の余地が大きい.結婚生活に似て切りの映画、日頃相手にすばらしい一部分が多くなり、相手がすぐに頭の中に切り取って1部の映画、映画の中であなたは最も感動できる彼女のあの人.逆に、相手の心を傷つける回数が多くなり、あなたが嫌いな人を簡単にカットして.

ではち年の結婚生活の中で、私は妻と喧嘩しても曾大何回もかつて“離”字ひらめきで、その後も危機を乗り切った、また迷惑親友だった調停、今彼らは勘違いして私達はずっと互いに尊敬し合うことマイル.実は毎回うるさく旋回余地はほとんどない時、私たちはそれぞれ冷静の2日間,思い返すと相手がここ数年の表現で、ガスがだんだん消えた.妻は往々にして私を思い出すことができような雨の中へ人をいくつかの感動ことで、私はどうしても結婚時の情景:購入後ほとんど刀折れ矢尽く、財力に妻の実家花嫁を迎える.私達は4卓の酒は友達になって、両親、親戚、同僚はすべて招待されていません……こんな簡単な結婚式、私たちの2人の多くの記録、更に友達の輪になって唯一無二の.妻は当初、こんな拙速な結婚式を受け入れ、大きな世論の圧力に耐えられた.私はただ、私は生涯彼女に対する私は一.