光肝臓が輝く日は……

朝から朝早く.この美しい光を踏んで、私は出かけた.

昨日はもともと

に向かって日光を踏んで、あなたのペースで、結果は偶然の小さい時の幼なじみで私を探しにきました.この女の子はやはりそんなに神経条よりも、小さいときよりも大きな条神、彼女と一緒に、感じは本当に小さい時に戻りたい、というのはない他人の理論、そんなに笑いで大声で話す.私は知っていて、まわりの人はすべて私達に煩わしされて、しっかり食べて、よく食べることができて,肝臓、どのようにこのように騒ぐ2つの娃はそこにあると言うことがある.昨日はまだないにもかかわらず矜持のあなたの街にそしてうちに幼なじみと会う機会へ飛び出した南キャンパス、上下を減らした肥做個有酸素運動、にこにこ.

ちょっと、意外にも、意外にもありました.僕はただ座って一つの太陽の片隅で、読んで花園静かに本を読んだり、食事をしたり,そして食べ女の言ったのはとても牛強いるの五時半の開店刀削麺、もしかするとあなたのラベルを持って自分でしかないのかもしれない純粋の一層の理解とこの美しい故郷.君の情報を突然もらって、急にあなたに会えて、急に幸せになってきた心が.不安で、淡々の快楽だけが.瘋一度も瘋、二度も瘋、そして第三次は狂っているでしょう……喜喜、いい、なんて、本当にいいですね.私は心の中のこのように感嘆したのです.君と一緒に道を歩いて、話して、話、最大のプレゼントとしても.

そして

に読むガーデンは、別れの時が多少舎てないで、こっそりとあなたのその後ろ姿は、風邪は歩くのが少し趔よろよろ趄,本当にあなたを恐れて転んでした.しかし私もこのようにあなたを見て、勇気もない権利はあなたについて、そして私は本当にあなたと一緒にするならば、あなたはおそらく拒絶することになるでしょう.だから私はやはり敢えてこのようにして眺めて、それから良い満足した.距離は最も美しいです、この距離を受け入れることしかできなくて、それから心に幸せになる道になる.はい、帰って花園を読む.やっぱりすばらしい地方、本が多く、環境は優雅、唯一があまり好きでないのはソファーの小さくて、私はいつも見てるうちにはまってる、一匹の小さな私は難しい起き上がって、ハハハ~私は毎週一回の本はここに来て見て、感銘の下で陽光の味を知らないで、しかしこのような行為は金魚の糞を引き起こすことができてあなたの反感と嫌いな.突然湘を思い出し、首魁はドラマのキスのテーマ曲はこう歌う私は認めざるを得ない、女子学生はやはり匙加減があるべきだ.これも私のずっと従う事の原則です.もしすべてすべてただ1つのようになるならば、私はきっと湘琴のように死んで、あなたについてあなたについて、あなたにただ1つの目を見開いされて、それから喜喜の家へ帰ります.でも、それはただの.

pは、また神経が.この文章のテーマは日光の光り輝く日で、主に述べたのはあなたが今日何をしたのですか、1篇の水の帳簿で来る~あの私は引き続き流れるNULLNULL.後は鳥と魚のレコードに着きました.元には

☟女性不感症